リノベーションのプロ集団!Y.M.Gが

トレーラーハウスの販売開始

Trailerhouse imagePV

トレーラーハウスのメリット

新しい選択肢として、トレーラーハウスは素晴らしいメリットを提供できます

CGパース図を動かすことにより、奥行きが表現できて、よりリアルに表現しています

トレーラーハウスのメリット

様々な目的でトレーラーハウスが注目されている理由は、次のように表現できます。

トレーラーハウスは、店舗や事務所、セカンドハウスや別荘など、さまざまな用途に適していることから、多くの人々に関心を集めています。これは、トレーラーハウスが法的に「不動産」ではなく「動産」と見なされ、「車両扱い」であるためです。この特性により、コスト面や建築面で多くのメリットが生じます。

一般的な不動産と比べて、トレーラーハウスは移動が容易であり、必要に応じて場所を移動できます。また、建築にかかる費用も抑えられるため、これまで実現が難しかった理想の暮らしを実現する手段として、新しい選択肢となっています。つまり、トレーラーハウスは可搬性とコスト面でのメリットを持ち合わせており、これまでにはなかった多様な用途での利用が可能となるため、人々の関心を集めているのです。移動性と柔軟性を持ちながら、快適な居住空間を提供することから、さまざまな生活スタイルに適した選択肢として重要な存在となっています。


    

SDGs環境への配慮

以下の取り組みにより、トレーラーハウスはSDGsの環境への配慮に貢献し、持続可能な未来の実現に寄与します。

  1. エネルギー効率と再生可能エネルギーの利用: トレーラーハウスは省エネルギー技術を導入し、ソーラーパネルの再生可能エネルギー源の活用で、環境にやさしいエネルギー供給を実現します。
  2. 環境に配慮した建材とリサイクル: トレーラーハウスの建築に際しては、環境への影響を最小限に抑えるため、再生可能な素材やリサイクル可能な建材を積極的に採用します。廃棄物の最小化とリサイクルの徹底により、資源の効率的な利用を促進します。
  3. 環境に優しい生活スタイルの提案: トレーラーハウスは環境に優しい生活を提案します。省エネ家電や自然光利用、生ゴミリサイクルなど、持続可能なライフスタイルをサポートします。
  4. 自然環境への配慮: トレーラーハウスは自然環境を尊重し、生態系や景観への影響を最小限に抑えた設計・配置で、環境配慮の居住環境を提供します。
トレーラーハウス・メリット①SDGs環境への配慮

トレーラーハウスはSDGsの環境へ配慮に貢献し、持続可能な未来の実現に寄与します


トレーラーハウス・メリット②市街化調整区域

トレーラーハウスは車両扱いになるので市街化調整区域に設置できまが、コンテナハウスはできません。

    

市街化調整区域

トレーラーハウスは車両扱いになるので市街化調整区域に設置できますが、コンテナハウスは車両ではないので、設置はできません。

  1. トレーラーハウスは車両扱いで建物ではないため、市街化調整区域への設置は可能です。トレーラーハウスは車検対応しているため、自動車として扱われる点が重要です。
  2. 市街化調整区域へのトレーラーハウス設置で事務所や飲食店の開業が可能です。ただし、許可の条件は自治体によって異なります。都市計画課か開発指導課に相談して、出店が可能か確認しましょう。
  3. コンテナハウスは車両扱いではないため、市街化調整区域に設置できません。コンテナハウスはトレーラーハウスと異なり、建物として認識されるため、一般の市街地には設置できないことに注意してください。
  4. トレーラーハウスは適切な条件下で、事務所や店舗として使用できる便利な選択肢となりますが、設置には自治体の規制と許可を遵守する必要があります。

    

移転や売却も可能

トレーラーハウスは移動可能で引越し・移転・売却が容易。タイヤ付きで牽引・基礎工事不要で土地更地での売却も可。将来の売却も容易で、他社製の買取も行っています。

  1. トレーラーハウスは移動が可能です。そのため、引っ越しや移転が簡単に行えます。トレーラーハウスにはタイヤがついているので、そのまま牽引して輸送することができます。
  2. トレーラーハウスは基礎工事を必要としません。したがって、土地を更地にして売却することも可能です。基礎工事の手間がなく、迅速に売却できるのが魅力です。
  3. トレーラーハウス自体も、必要がなくなった場合や将来的に手放す場合には容易に売却できます。需要がある限り、トレーラーハウスは需要者が見つかる可能性が高く、資産としての価値を持ちます。
  4. 弊社では、他社製のトレーラーハウスの買取やリノベーションを行っております。お手持ちのトレーラーハウスを売却したい場合、またはリノベーションを希望する場合は、是非ご相談ください。

CGパース図を動かすことにより、奥行きが表現できて、よりリアルに表現しています


CGパース図を動かすことにより、奥行きが表現できて、よりリアルに表現しています

    

建築確認申請必要なし

トレーラーハウスは建築物に分類されず、特定の条件を満たす場合には建築確認申請が不要です。建築物の規制である建ペイ率や容積率なども関係ないため、簡単に設置できます。これにより、建築確認にかかるコストの削減だけでなく、急ぎで使用したい場合や早く始めたい場合にも時間を節約できます。

  1. トレーラーハウスは、建築物に分類されない特殊なタイプの住居や施設です。
  2. 建築確認申請が不要な理由は、トレーラーハウスの設置に必要な条件がクリアされているからです。
  3. 建築物としての法的な規制である建ペイ率や容積率などが関係しないため、容易に設置することができます。
  4. 建築確認申請の手続きを省略できるため、トレーラーハウスの設置にかかるコストを削減できると同時に、急いで利用したい場合や早くスタートしたい場合にも時間を節約できます。

    

アイディア次第

トレーラーハウスは店舗や事務所、セカンドハウス、別荘など、ビジネスやプライベートなど、さまざまなニーズに応じて利用することができる革新的なコンセプト

  1. トレーラーハウスは新ビジネス展開に最適。移動ポップアップストアとして展示会やイベント出展が簡便。高い拡張性とクリエイティブなブランドプレゼンテーションで顧客接点向上。
  2. クライアントのビジネスリトリートに最適な移動式トレーラーハウスを提供。自然環境で戦略練る場を提供し、会議や戦略策定を柔軟な場所で実現。
  3. トレーラーハウスは介護住宅で家族とプライバシーを、子供部屋で自立心を促進。BtoB向け、柔軟な空間活用を提供する効果的なソリューション。
  4. BtoB向け移動式施設:トレーラーハウスは展示会やワークショップに最適。製品プレゼンやアイディア発信、移動会議室として活躍。柔軟なビジネス環境を提供。

CGパース図を動かすことにより、奥行きが表現できて、よりリアルに表現しています


CGパース図を動かすことにより、奥行きが表現できて、よりリアルに表現しています

    

オーダーメード

当社のトレーラーハウスは、建設業界で蓄積された高度な技術力とノウハウに基づいています。お客様のニーズやプロジェクトの要件に合わせ、オーダーメードでトレーラーハウスを製造いたします。

  1. お客様のニーズやプロジェクトの要件に柔軟に対応し、カスタマイズされたソリューションをご提供しています。お客様のビジョンに合わせて、効率的なトレーラーハウスを製造します。
  2. 現地調査においてはドローンを使用することで、異なる視点から得られる情報を効果的に分析し、設計プロセスを最適化しています。
  3. お客様のビジョンを大切にし、それを具現化するために尽力しています。トレーラーハウスは単なる建築物ではなく、お客様の独自性や機能要件を反映した特別な空間となります。
  4. 当社は長年にわたり、信頼と安心をベースにお客様とのパートナーシップを築いてきました。高度な技術と経験豊富なチームが、お客様の期待を超えるトレーラーハウスの製造に取り組んでいます。

トレーラーハウス

自在なオフィス空間、新たなビジネスの可能性

トレーラーハウスの
よくある質問Q&A

リノベーションのプロ集団!Y.M.Gがトレーラーハウス販売開始!

トレーラーハウスは補助金の適用は可能でしょうか?

はい、可能な場合があります。事業の再構築や改善を行いたい場合、事業再構築補助金の活用が有効な手段の一つです。例えば、事業再構築補助金は、新しく事業を始めるお客様が対象です。つまり、お客様が現在行っている事業とは異なる新しい事業を立ち上げる場合に利用することができます。

したがって、工場内に新しい事務所を設置したい場合や駐車場のスペースに事務所を建設したい場合は、この補助金の対象外となります。

補助金は必ず支給されるのでしょうか?

補助金に関して、まず理解しておくべき重要なポイントがあります。補助金はプロジェクトや提案が採択されなければ支給されず、また採択後でも予算が使い切られた場合には終了する仕組みです。このため、必ずしも支給が保証されるわけではありません。補助金の採択はプロセスがあり、審査や条件をクリアする必要があります。

一方で、税制優遇などの一部の支援策は期間で区切られています。これは、ある期間中に特定の条件を満たすことで税制上の優遇措置が受けられるというものです。この期間が終了するまでに条件をクリアできれば、その期間中は優遇が終了することはありません。

トレーラーハウスの使用用途を教えてください。

トレーラーハウスは、喫茶店、カフェ、美容院、パン屋、マッサージ・整体院、ネイルサロン、スポーツクラブ、ドッグラン、学習塾、レンタカー、中古車ショップ、キッズルーム、事務所や商談ルーム、ホテル、キャンプ場などの幅広い用途で活用可能です。1台だけでなく、2台を並べたり縦列に結んだりしてスペースを拡張することもできます。基本的な広さは1台ごとに決まっていますが、アイディア次第で無限の可能性が広がっています。

トレーラーハウスは設置場所に制限はあるの?

トレーラーハウスは法的には建築物ではなく、車両と見なされることが多いため、家を建てることが難しい場所でも設置できることがあります。ただし、地目が農地の場合には、農地転用の手続きが必要です。具体的には、農地から別の用途に変更するためには、市町村の農業委員会との相談が必要です。この手続きを経て、農地の地目を変更してからトレーラーハウスを設置することが可能となります。

要するに、トレーラーハウスの設置には一定の制限が存在する場合があり、特に農地などの特殊な場所では、事前の手続きが不可欠です。ただし、一般的な住宅用地やキャンプ場などでは、比較的容易にトレーラーハウスを設置することができることがあります。設置場所に関する詳細な情報は、地元の自治体や関連する法規制を確認することが重要です。

トレーラーハウスの減価償却は何年ですか?

トレーラーハウスは税制上、一般的には自動車に分類され、そのうち被牽引車(自己の動力を持たない自動車)に該当します。トレーラーハウスの減価償却期間は、最短で4年、最長でも6年となります。これは一般的な建築物と比較して非常に短い期間であり、事業用途として利用する際には節税効果が期待できます。

キャンピングカーとトレーラーハウスの違いは何ですか?

日本ではキャンピングカーとトレーラーハウスの定義自体が明確には存在しませんが、一般的には、自走式の移動住宅をキャンピングカー、牽引式の移動住宅をトレーラーハウスと呼び分けています。キャンピングカーは移動中でも人が乗車可能ですが、一方でトレーラーハウスは移動中は人の乗車ができません。

トレーラーハウスの間取りの⾃由度はどうなっていますか?

トレーラーハウスの間取りにおいて、弊社は高い自由度を提供しております。お客様の要望やイメージを具体的に形にするために、私たちは独自のアプローチを採用しています。まず、間取りだけでなく、トレーラーハウスの内部および外部のデザインや配置を視覚的に理解しやすくするために、パース図を駆使して設計提案を行っています。これにより、お客様がイメージする理想的な空間を共有し、コミュニケーションを円滑に進めることが可能となっています。

また、トレーラーハウスの建設にあたっては、工場の敷地や現地の状況を考慮して効率的なプロセスを実現しています。具体的には、無駄を最小限に抑えるために現地でドローンを使用して現地調査を行っています。この方法により、平坦な地面から見るのと上空から見るのとでは異なる視点が得られ、より正確なプランニングが可能となっています。お客様からも高い評価を得ており、ご満足いただいております。私たちはお客様のニーズとビジョンを最優先に考え、トレーラーハウスの間取りを通じてその夢を実現するお手伝いをしております。

木造トレーラーハウスの断熱性はどうですか?

木造トレーラーハウスは一般的に断熱性に課題を抱えています。金属やコンクリートに比べて熱伝導率が高く、季節ごとの温度変化に対応できず、居住スペース内の温度管理が難しいことがあります。断熱材を適切に取り入れることや二重窓の使用などで改善できます。

木造のトレーラーハウスはおすすめ出来ますか?

木材は一般的に鋼鉄よりも経済的であり、木造のトレーラーハウスの建設コストが低いケースもあります。ただし、単に車両価格だけで判断するのは危険です。木造と鉄骨のトレーラーハウスを十分に理解し、判断することが重要です。予算、耐久性、メンテナンス、設計などの要因を包括的に考慮することが必要です。

鉄骨のトレーラーハウスでも木目調の外観はできるのでしょうか?

はい、鉄骨のトレーラーハウスでも木目調の外観を実現することができます。これは、外装材や仕上げ材料の選択によって可能です。以下に木目調の外観を実現する方法の一部です。

・外装材:鉄骨のフレームに木目調の外観を持つ外装材を取り付けることで、木の風合いを再現できます。一般的な外装材としては、合成木材(例: ハードウッド、ファイバーセメントボード)、合成サイディング(例: ファイバーグラス、PVC)、木製サイディング(例: シダー、松)などが挙げられます。

・塗装技術:鉄骨の表面に木目模様を塗装する技術も存在します。特殊な塗料やテクスチャリング技術を使用して、リアルな木目模様を再現できます。これにより、外観だけでなく触感も木製に近づけることができます。

・外装デザイン: 鉄骨のトレーラーハウスの外装デザインを木目調の要素を取り入れることによって、全体的な木の雰囲気を演出できます。例えば、窓枠やドア枠、トリム、手すりなどを木目調にすることで、外観に温かみを加えることができます。

・デジタルプリント: 最近のテクノロジーでは、デジタルプリントを使用して木目調のパターンを直接外装材に印刷することも可能です。これにより、リアルな木目模様を再現することができます。

業種別トレーラーハウス

トレーラーハウス・店舗タイプ
トレーラーハウス・オフィスタイプ
トレーラーハウス・トイレタイプ
トレーラーハウス・宿泊施設タイプ
トレーラーハウス・美容室タイプ
トレーラーハウス・飲食施設タイプ